仕事探し

会計事務所の求人情報が載っているなら今がチャンス

良い評価を得るためのコツ

計算する人

資格所有者は有利

会計事務所での仕事は企業の経理業務の代行や指導、確定申告書の作成、給与計算などがあります。いずれも専門的な仕事なので、豊富な知識と経験が必要とされています。しかし、全ての従業員が会計事務所の開業に必要な国家資格を保有していなければならないわけではありません。国家資格を所有していなければ可能な業務の範囲は決まっていますが、やるべきことは多いので無資格だったとしても採用してもらえる可能性はあるため、会計事務所で働きたい場合はまずは応募を行います。それでも、会計事務所の求人を見るとわかるように、資格の所有者を多く募集している現状にあるため、良い評価を得て採用される上で資格所有者が有利な状況となっています。ですから、必要な資格を取得してから求人に応募するという手順が最も採用率が高くなります。会計事務所では資格を所有していることにプラスして、経理の経験者についても評価されます。企業で経理の仕事を担当していたのであれば、会計事務所での経理業務を担当可能ですし、会計の意味や流れなどを理解していることから、戦力と判断されるからです。ただし、経理業務は企業によって手続きの流れや考え方に違いがあるので、会計事務所で経理業務を担当する場合は、どのような形で業務を進めるべきかをきちんと把握することが大切です。会計事務所の求人は公共の職業紹介所に出ている他、求人サイトや転職サイトなどインターネットにも出ています。

ウーマン

住居を用意してくれる職場

寮付きの仕事は、生活費を節約できることから人気を集めています。観光地の宿泊施設や工場などが寮付き仕事を募集している代表的な求人です。個室タイプ、共同生活タイプ、食事付きタイプなど、さまざまな種類の寮があります。

女性

レベルチェックも必要です

数多くの場面で利用される英語は、仕事においても必要不可欠となっています。しかし、場所によって従事内容にも違いが出るため、派遣会社に詳細な希望を伝えておく事が大切です。 予め派遣先に関する情報を分析しておく事で、個人の希望とのギャップを少なくし、英語能力も有効に使えます。

メンズ

実務レベル試験があります

貿易事務を行うに当たって、絶対的に必要というよりは、経験や理解のレベルを知るために資格を取得しておくと証明になります。特定の専門職の場合には、国家試験に合格する必要があり、貿易事務であれば民間の実務試験などの資格を取得しておくと役立ちます。語学能力についても、資格でレベルを判断する事ができます。