男女

会計事務所の求人情報が載っているなら今がチャンス

実務レベル試験があります

メンズ

語学能力も有効になります

貿易の仕事は、専門的な流れを辿り、関わる国の数は二国間などに限りません。ある程度の内容を理解しておく事で、貿易事務という業務をこなしていく事に繋がります。貿易事務を行うに当たって、絶対的に必要になる資格は、強制されるほどのものはありません。しかし、例えば、通関士などの専門職になると、国家資格を取得して業務に当たる必要などはあります。貿易事務を選択した場合、資格が必要とされるのは、就職や転職などの場面でのレベル判断においてです。貿易事務の求人などを見るとわかりますが、経験者限定の場合、経験者優遇という場合が少なくありません。つまり、それほど業務をスムーズに進めるための経験、及び実績が必要になるのです。経験者であれば特に、民間レベルでの実務試験などもありますので、現在の自分のレベルを知る資格にもなります。貿易事務を必要とする企業でも、資格を有していると個人が経験してきた業務範囲、業務への理解力などを判断する事ができます。また、貿易事務は、相手の国によって使用言語が変わる可能性はありますが、英語や中国語が多用される現状となっています。貿易事務としての複数の資格がある中で、語学に関しても何らかの資格を取得しておくのは有利なポイントになります。筆記などで特定の語学に関する理解能力を図る試験もあれば、聞く事を中心とした試験などもあります。留学経験などがあれば、世界レベルの試験を採用している場合がありますので、取得しておくと役立ちます。